【レビュー】ナイキ エアズーム ペガサス37

ナイキのランニングシューズといえば、このペガサスシリーズと答える方も多いのでは。

個人的にはこのペガサス37で、初めてペガサスシリーズを履きましたので、レビューしてみました。

サイズ感

他のナイキのシューズと同様のサイズ感で良いと思います。

以下、私が使用しているシューズのサイズ感です。

(シューズ)(サイズ)
ペガサス37・NIKE27.0
アルファフライ・NIKE27.0
ヴェイパーフライ ネクスト%・NIKE27.0
ペガサスターボ2・NIKE27.0
ライバルフライ・NIKE27.0
ズームフライ フライニット・NIKE27.0
ズーム グラビティ・NIKE27.0
takumi sen・adidas27.0
HANZO R・new balance26.5
※リンク先でそれぞれのレビューをしています

カラー

人気、定番シリーズということもあり、カラーリングも豊富です。

2020年9月現在、メンズで7色のカラー展開。

さらに、「By You」機能ではカラーリングを自由にカスタマイズすることもできます。

練習シーン別の使用感

私が使用をお勧めするシーンを、以下のようにまとめてみました。

走力が高い人、日々のジョギングを楽しむ人、あらゆる人が履きやすい、オールマイティなシューズと感じています。

練習シーン適性
ジョグ(Eペース)
インターバル(Iペース)×
ペースランニング(Mペース)
ロング走(20キロ〜)
※レース(ハーフ以上)
※フルマラソン4時間〜5時間を目安


以下、私が現在使用しているシューズの、個人的チャート図です。

その日の練習内容、目的に併せて、以下のチャートを参考に使用シューズも決めて練習に使用するシューズも決めます。

まとめ

比較的に「ゆっくり」「長く」走る時に気持ちよく走ることができるシューズです。

Air Zoomシリーズと言うことで、エアズームユニットが搭載されてはいますが、個人的にはあまり反発の強さを感じません。

NIKEで言うと、「グラビティ」の方が、軽量且つ、反発が強い「イメージ」を持って走ることができます。

ただ、グラビティと比べるのであれば、クッション性が段違い。

シリアスランナーには、ポイント練習の間のジョグ用として。

また、ランニング初心者には、脚に優しいランニングシューズとして、非常に汎用性の高いシューズと感じています。

ナイキ エア ズーム ペガサス 37 AIR ZOOM PEGASUS 37 BQ9646 103 メンズ 厚底 ランニングシューズ : ホワイト×コーラル NIKE
価格:11980円(税込、送料別) (2020/9/21時点)楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA