【レビュー】ナイキ ズーム グラビティ(NIKE)

普段のジョグ用シューズを探していた所、「ズーム グラビティ」にたどり着きました。

個人的な評価、履き心地についてレビューしていきます。

基本的な情報

価格:3,999円〜6,999円(NIKE公式ストア)【20.5.23現在】

重量:220グラム程度(27cm)

カラーバリエーション:以下、メンズ

コスパ最強!脚に優しい万能シューズ

ざっくり履き心地を伝えるのであれば、「反発とクッション感が少ないヴェイパーフライネクスト%」

以下、感じた点を箇条書き。

  • 見た目によらず軽い(ズームフライより軽く、ペガサスターボ2と同等)
  • 「Zoom Air」による反発感も割と強い
  • ヴェイパー、ペガサスターボに劣るがクッション性も高い
  • 普段のジョグからロングジョグ、レースにも使用可能

サイズ感

他のナイキのシューズと同様のサイズ感で良いと思います。

他メーカーと比べると、少し小さめの作りになっているでしょうか。

以下、私が使用しているシューズのサイズ感です。

(シューズ)(サイズ)
ズームグラビティ・NIKE27.0
アルファフライ・NIKE27.0
ヴェイパーフライ ネクスト%・NIKE27.0
ペガサスターボ2・NIKE27.0
ライバルフライ・NIKE27.0
ズームフライ フライニット・NIKE26.5
takumi sen・adidas27.0
HANZO typeS26.5

この靴の良い点

①ヴェイパーフライの練習用(ジョグ用)シューズとして使える

流石に反発やクッション性は劣るものの、ヴェイパーフライを本命シューズとしている私にとって、非常に履きやすいシューズであります。

反発が全くないと言うわけではなく、公式の謳い文句どおり「前足部のZoom Airが反発力と推進力を発揮。その真下にあるラバーアウトソールが、弾むような履き心地を生み出します。」

また厚底シューズと言える見た目の通り、クッション性も割と高く、気持ちよくジョグすることが可能です。

サイズ感の比較として、ヴェイパーフライ、アルファフライと並べてみました。(全て27cm)

②幅広いシチュエーションで使用できる

グラビティを使用して、短めのジョグから20km以上のジョグ、そして短い距離のダッシュなどを試しました。

「この練習に向いている」とは一概に言えませんが、全ての練習で不可無く使用することができます。

また、「反発、クッション性がある程度ある」との観点から、初級〜中級者の方であれば、ハーフマラソンのレースなどでも十分に使用できるシューズと考えています。

③なんと言ってもコストパフォーマンスが高い

もしかすると厚底シューズに慣れていない、抵抗のある方でしたら履きにくいシューズであるかもしれませんが、上記でお伝えした通り、個人的には悪い所が一つもないシューズです。

それにも関わらず、「3,999円〜7,698円」と言う破格の価格設定。

現在、トータルで100キロ程度のランニングに使用しましたが、まだまだ新品同様の履き心地です。

このシューズの悪い点

履き方や走り方のクセの問題かもしれませんが、シュータンの裏側、足の甲にあたる部分がたまにチクッとすることがあります。

常に感じるわけでは無いのでそこまで気にはしていませんが、集中して走る中でチクッと感じると不快です。

まとめ

「機能性が良く、コスパも高い」。

この理由だけで、即買いの1足だと思います。

次のランシューを考えていらっしゃる方は、グラビティの購入をぜひご検討ください!

あす楽 ナイキ ランニングシューズ ズーム グラビティ BQ3202-010 グレー(GREY) NIKE ZOOM GRAVITY メンズ ジョギング 運動靴 くつ SP20 cat-run
価格:6500円(税込、送料別) (2020/5/23時点)楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA